おこもりさんも大海の夢を見る

諦めず、焦らず、時に倒れても海を目指して、ほふく前進する引きこもりの雑記ブログ

色鉛筆の黒のベタ塗りはホルベインのLampBlackが最適 / 日本の湿度や気温と関係があるかもしれない

ブログランキング・にほんブログ村へ

本日のお品書き〜。

色鉛筆の広い面の黒ベタはホルベインのランプブラックで決定

とりあえず見ていただきたい。

ホルベインのLamp Black

f:id:sakuran_blog:20200707162831j:plain

 

Berol EAGLECOLOR(現Sanford PRISMACOLOR )

f:id:sakuran_blog:20200707163020j:plain

 

ホルベインのBlackは赤みだけれど、塗った感じはEAGLECOLORとあまり変わらないので割愛します。

 

LampBlackが白くならない理由は?

画像を大きくしてみると、分かると思いますが、ホルベインのLampBlack(画像1枚目)は、ほとんどワックスが白っぽくなっておりません。

それに比べて2枚目の画像は白っぽくなっている箇所が多いです。

これは塗りが甘いのではなく、塗り過ぎて色鉛筆に含まれるワックスで白くなっているのです。

 

何色であっても、油性色鉛筆って塗り込み過ぎると白っぽくなってしまいます。

で、黒はそれが顕著に見えるのです。

では何故ホルベインのLampBlackは白くならないのでしょうか。

 

ググっても、成分などの情報は見つかりませんでした。

湿度が高くて気温も高くなってきた、この時季の日本だからLampBlackが使いやすいのかもしれないけれど・・・。

成分が知りたいなぁ。

 

とりあえず、下のホルベインオフィシャルサイトを見てみました。

油絵具の場合、LampBlackの顔料は「煤(すす)」だそう。

色鉛筆もそうなのかしらん。

塗っているときの触感が、言われて見れば煤っぽかもな気がするのは、気のせいかもしれないけれど。

www.holbein.co.jp

 

コロリアージュだからこそ黒背景が映える

他の塗り絵や普通に絵を描くときに、私は黒は使いません。

これは色鉛筆に限らず、黒の出番はないのです。

黒って他の色を圧倒的に潰しちゃうし、よーく観察すれば、現実世界に真っ黒に見える物ってそうそうないんです。

例え黒い車であっても、光の当たり方や、周囲にある物の色によって、濃い部分でも紺色や紫や焦げ茶などに見えるんです。

しかも、黒を使うと他の色を圧倒的に潰しちゃう。

水彩画で薄めて使う分にはいいのかもしれませんけれど。

 

しかし。

コロリアージュってデザイン画的塗り絵なので、リアルは不要なわけです。

だから光り輝くように花や蝶を見せたければ、黒背景にすると淡いピンクや紫など、他の色が光って見えます。

人それぞれ、塗り方が違いますから、私の場合ですが。

私は今、濃い背景に凝っているのです。

で、黒だと殆どの色との相性を考えなくて良いので「重宝」なのでございます。

 

ただ、黒でグラデーションするときには、赤みか青みかで続く色が変わってくるので、そこは慎重に選ぶ必要が出てきますが。