おこもりさんも大海の夢を見る

諦めず、焦らず、時に倒れても海を目指して、ほふく前進する引きこもりの雑記ブログ

コロリアージュなる塗り絵にチャレンジして挫折した / 広い面をザーッと塗りたい性格なのね

ブログランキング・にほんブログ村へ

「色鉛筆」や「大人の塗り絵」などをググると、「コロリアージュ」なる文言をよく見かけて気になっていた。

で、昨夜ふと「コロリアージュ」って何だろうとググってみた。

コロリアージュは、フランスで話題になった塗り絵の本のこと。とても繊細でグラフィックが美しい絵柄が特長です。

エルメスも参入する「塗り絵」ブーム、話題の「コロリアージュ」とは? | カンパネラより

ここで紹介されている塗り絵の本、「ひみつの花園」 。私、持ってる!しかも、すぐさま挫折して、まるで塗っていない。

ここ掘れワンワン。引っ張り出したら、本の中まで紙の四方が変色していた。紙の質があまりよろしくないのだ。2015年2月に買って、ちょびっとだけ塗ってそのまま5年。

 

前々から色鉛筆セットに「黒」は不要って思っていた私、以前塗ったところに黒の背景を塗ったら、試し塗り&黒の色鉛筆の消費ができるじゃん、って気づいた。

思い立ったが吉日。塗りはじめて、理解した。これ、軟らかい色鉛筆じゃ無理!発色はいいのだけれど、元の絵が細かくて、いい加減にしか塗れない。

これを買った時、私は稀に来る「ちまちまモード」になってたんだろう。

f:id:sakuran_blog:20200526202414j:plain

下は1ページの右下4分の1くらい。細かすぎる。

f:id:sakuran_blog:20200526202357j:plain

硬い色鉛筆で私が持っているのは「色辞典」。先日発見した、ぐちゃっと入っている缶を出してみた。

f:id:sakuran_blog:20200526202757j:plain

これのカラーチャート作るのか・・・・。

とりあえず、どんな感じか、さっきの背景に色辞典の黒で部分的に塗り直してみた。

塗っても塗っても終わりそうにない。め、面倒臭っ!!

とりあえず、また今度ね〜ということにした。

 

ちなみに、この塗り絵の著者「ジョハンナ・バスフォード」のサイト。いろんな人が塗った作品もみられる。で、「おおおっ!すげーっ!」てな代物もある。

描いた著者もすごいけど、塗りきったユーザーさん達も凄いわ。

Home - Johanna Basford Johanna Basford

 

マンダラなんてのもを見つけた。これで心が癒されるのか?  私にゃぁ無理め。

 

コロリアージュやるならこれくらいが手頃かもしれん。電子書籍(Kindle)も出てるが、印刷する紙のことを考えたら、特段お得ではないと思う。欲しいけど、塗ってない塗り絵の本、何冊もあるからなぁ。