おこもりさんも大海の夢を見る

諦めず、焦らず、時に倒れても海を目指して、ほふく前進する引きこもりの雑記ブログ

生協さんが品薄になっている問題 / コロナウィルスによる自粛がキュウリにまで波及していた

ブログランキング・にほんブログ村へ

f:id:sakuran_blog:20200417213831j:plain

ショッキングなことが発覚した。

来週は「キュウリ」を食べられないかもしれない。

私にとっては、これ、結構大事なのだ。トマトの次に好きかもしれない「キュウリ」なんだもの。

 

うちは基本的に食材は「パルシステム」すなわち「生協さん」に届けてもらっている。スーパーでお野菜が品薄でも、比較的安定供給なのだ。

その生協さんも今回のコロナ自粛により、自炊が増え注文が殺到し、不安定供給になっている模様。

で、今回ついに「キュウリ」が欠品になるかもしれない。確定じゃないのは「一部のセンターで」だから。

毎週あるいは隔週で買うリストに登録しておけば優先して届くので、登録することにした。ちょっとした操作を面倒くさがって、やっていなかった私のミステイクである。

でも、まだ来ないと決まったわけじゃない。どうか、我が家にキュウリ5本、届きますように。

 

キュウリキュウリと河童じゃあるまいしと思われるかもしれないが、私は河童と言われても一向に構わないほどに「キュウリ」が好きだ。

なんなら、お昼ご飯をキュウリ3本と、おかずがわりのトマト2個なんていうセットにしてもいい。

 

最近は浅漬けにしたのを、お茶うけやおやつとして食べている。子供の頃は浅漬けではなく、そのまま味噌や塩をつけて食べていた。バレると当然怒られたが。一本くらいだとスルーされたり、庭になっている物だとバレなかったり。

美味しい奴は、何もつけずに食べてもいい。香りもステキだし。

種のあたりが透明感を帯びているくらい熟していて、水分がたっぷりで瑞々しいのが極上品。手で二つにバキッと折った瞬間に水しぶきが弾けるくらいのが理想。

そんな良いキュウリは、切っているときに香りが立つので、7メートル離れていても私には分かる。

そりゃもう嬉しい。私だってキュウリなら何でもいいわけじゃないのだ。品質は大事。

 

キュウリが嫌いという人に出逢ったことがない。どこかにいるのだろうか。好きな物で「キュウリ」と答えた人は芦田愛菜ちゃんしか知らない。

たまたま観ていたテレビ番組での発言だった。それだけで親近感がわいたと記憶している。

 

キュウリの花は鮮やかな黄色だが、咲いている風情が少し奥ゆかしい。バシッと「私、咲いてますっ!」と主張していない。大抵、花びらがシュワシュワと縮み気味で、しんなり咲いているのだ。

そんなところも、いとをかし。

 

他のお野菜や豆腐も心配だ。ああ、早いところウィルス収束して欲しいなぁ。ウィルスが自粛してくれたらいいのに。ぶつぶつ。