おこもりさんも大海の夢を見る

諦めず、焦らず、時に倒れても海を目指して、ほふく前進する引きこもりの雑記ブログ

快適におこもり生活するための部屋 / 置くものと置かないものと

ブログランキング・にほんブログ村へ

何かとこだわりが強い私だが、今の部屋はかなり妥協している。諦めているとも言える。だって、狭いんだもの仕方がない。

概ね、アジアンな雰囲気にしているが、コタツはアジアン家具にはできない。これは仕方がない。猫にコタツは必要だもの。

本当はモデルルームみたいに、家具が少ない部屋が好みなのだが、これは置かねばならぬという、ほんの少しだけのこだわりポイントがある。

 

ちょっぴりこだわりがあるマイルーム

ベランダに縁台でストレス緩和

ここのところ、習慣にしはじめたことがある。

朝、マグカップにコーヒーをいれてベランダの縁台に座り、涼しい風とやわらかな日差しを浴びること。

コーヒーが3割増しで美味しい気がする。

椅子でもいいけれど、縁台が便利。重量があるやつ。

台風の時でもびくともしないので、部屋に入れる必要がない。二人でも座れるし、猫ともまったりできる。

これ、朝というのがポイント。夜じゃダメなのだ。

太陽光にてセロトニンという脳内物質の分泌を促すことが大事。これでウツになりにくくなる。10分くらいで充分なので、皆様お試しあれ。

 

台所に作業台で効率UP

うちは1DKをぶち抜いてワンルームにした賃貸アパートで、二人と一匹には狭い。風呂がなくてシャワー室になっているくらい狭い。

それでも、台所には作業テーブルを置いてある。メイドイン・インドネシアの木製テーブルを作業台にしている。

これがあるとないとじゃ、料理をするのに大違い。

作り置きおかずを冷ますにも、二人で料理するのにも、大活躍なのだ。

今後引っ越すとしたら、台所の後ろに台が置けることが絶対条件ってくらい便利。

本当は作業台プラス小さ目のシンクがあるのが理想だけど。

 

 

部屋を区切らないことで広く感じる

玄関からベランダまでの間の直線動線を死守している。フローリングの床がバッチリ見えるように。背の高い家具類は壁に張り付かせて、といっても食器棚と冷蔵庫と猫のケージだけなのだが。

何しろ家にこもっているので、室内環境は大事。

で、狭い所やごちゃごちゃした所が苦手なので、視界を遮らないようにしている。

部屋が狭いと高さのある収納家具を置く人が多いが、テーブルの下などに収納場所を作って、家具類は低くした方が広く感じられる。

それじゃ収まりきらない?それは断捨離をオススメする。

収納場所を決めたら、そこに入る分しか買わない。もしくは、何かを処分する。そう決めると、気が楽になる。

壁が一面見えると落ち着かないという人もいるので、人それぞれではある。

 

ゴミ箱を置かない

ゴミ箱を置かなければ、ゴミを回収するという家事が無くなる。部屋もスッキリする。それじゃ、ゴミはどうするか。台所にゴミ袋を一つ吊るして、全部そこに入れるだけ。

絵を描いたりして消しゴムのかすが出る時などは、小さい紙袋なり、捨てるお菓子の箱なりに入れて、台所のゴミ袋へイン。

 

 

私の多趣味のせいでもあるが、まだまだ我が家は物でごちゃごちゃしているように感じる。

コロナが収束するまでは我慢だが、その後は色んな物を売ったり捨てたりしたい。早く収束して欲しいなぁ。

 

 

今週のお題「わたしの部屋」