おこもりさんも大海の夢を見る

諦めず、焦らず、時に倒れても海を目指して、ほふく前進する引きこもりの雑記ブログ

Amazonの置配の誤配問題 / 同じ住所に複数の建物があるから更に問題な件

ブログランキング・にほんブログ村へ
置配というシステムの困りごと

私の住まいは全く同じ住所地番に複数の建物が存在している。なので、建物名を書かないと別の建物に荷物が届いてしまうことがある。

通常ピンポンと訪ねてくる宅配業者には都度都度説明をしていたが、置配となると説明もできやしない。

隣の建物が正しい宅配先とはいえ、何度も何度も間違われ続けるのは嫌なので、直してもらわないと困る。それゆえ、面倒ではあるが、Amazonのカスタマーサポートへ電話をした。

それが、2、3週間前のこと。

侃侃諤諤と揉めた結果、今後間違うことがないよう、業者に徹底すると約束してくれた。

だが、また誤配である。今回は私に何も言わず、ツレが隣へ持っていってしまった。

だから、伝票番号が分からない。Amazonさんはクレームを入れるのにも、伝票番号なりなんなりが必要ってな、不思議なシステムをお持ちの会社だ。

 

宛名を確認せずに置配する宅配業者の問題

住所がややこしいというのは、宅配業者も災難ではある。しかし、建物名を書けば、宅配業者も間違えることはない。

それに、名前を確認せずに置配していく宅配業者側だって問題だ。もっと言えば、疑問ならピンポンしてくれればいいのだ。わたしゃ一日中家にいるんだから。黙って置いていかないでくれ。

どういう意識で仕事をしているのか、膝付き合わせて問い質したいくらいだ。

いい加減な仕事をするんじゃないっ!

 

誤配荷物回収再配達の送り主が問題

宅配業者が個人営業で回収に対応していない場合、基本的には誤配達された側が郵便局などの手配をしてAmazonへ送り返すという、なんじゃそりゃシステムもAmazonさんにはある。

なんでそんな手間をこちらがかけなきゃならんのだ?

なので「放っておくので勝手に持っていってくだいさいね」と強く出ると、郵政が取りに来てくれるということになる。

1回目のとき郵政さんは来た。しかしここで問題なのが送り状だ。送り主が誤配された私になってしまうのだ。

すなわち、一度も会った事のない見知らぬ隣人に私のフルネームや電話番号などの個人情報が渡ってしまうのだ。

方法が他にないということで仕方なく一度目は、それで持っていってもらったが、大変嫌な気持ちになった。

 

Amazonの仕組みの問題

間違えて家の前に置いていかれた二度目の荷物。今回はツレが私に何も言わず、隣へ持っていってしまったから、伝票が不明。

カスタマサポートセンターとしては、「配送部署へ電話をつなぐ」以外の解決方法がないという。

電話をつなぐには、次の三つ以外の方法がないらしい。

1、誤配された私のIDを確認する為のやりとりをする

2、伝票番号を伝える

3、Amazonメンバーではない場合、誤配された私が新規登録をする

 

・・・・これ、2以外は変じゃない?そして今回2の方法は取れない。ブツが手元にないので。

でもさ、1の誤配された私のAmazonのIDの確認が必要って、なんで?だから私は聞いた。「私がAmazonさんに登録していない場合はどうするんですか?」って。

それで返ってきた答えが3。AmazonのIDがないならIDを作ってもらうって・・・これが一番謎なんだけど!?

なので、私は聞いた。「こういうAamazonさんの会社の仕組み自体の問題を扱う部署はないか?」と。

そうしたら、そこへつなぐにしても、どこへつなぐにしても、どうあっても、1、2、3のどれかが必要だって。マジか?Amazonさん、正気なのか?それともこれがグローバルな会社の正常なのか?

 

たまたま一度か二度、誤配があったというなら、その場限りの解決方法で良いだろう。しかし、これが何度も繰り返されることは明白なのだ。根本的に解決したいと思うのは当然であろう。それを何とかする方法がないって、ちょっとちょっとだ。

 

今回の落とし所

結局、次に誤配があったら、隣の建物へ持っていかず、改めてカスタマサポートに電話する以外にないということとなった。私の方からは配送部署に、住所だけじゃなくて名前も確認するよう言ってもらうこととして、話を終えた。

 

話す相手がサポートの人になってしまうので、どうしてもその人に「その仕組みが変じゃありませんか?」と言ってしまったのだが、その人にどうすることもできないのは分かっているのに、ちょっと強く言いすぎたかなとかなどと考えてしまって・・・・本当に困る。

 

隣人に直接お願いしたくない

少し前に書いたが、私は英語アレルギー。だから、正しい送り先が近所で、場所も分かっているけれど、その人に「建物名を書いてくれ」と伝えたくないのだ。

もちろん日本人だって知らない人とやり取りするのは嫌なのだが、英語圏ですらなさそうな名前の人なんだもの、もっと腰が引ける。南米?東南アジア?西アジア?どこの国の方なのかサッパリ分からん。

日本語でお手紙を書いたとして、あちらから英語で返ってきたらすっごく困る。

ちなみに、ずっとずっと前に、何度か管理会社には言った。「Amazonの誤配に困っている。住所には必ず建物名を入れてくれと先方に伝えてくれ」と。でも直らなかった。だから日本語、通じないんじゃないか疑惑があるのだ。

 

配送料をもらって配達するか張り紙するか

かくなる上は、Amazonに個人業者登録して、配送料をもらうか?

で、隣に再配達してあげる。なんだかそれが一番手っ取り早い気がしてならない。

Amazonさん曰く、荷物を置き去りにされて困っていると警察に言ってもらうのが早いってことだけど、警察が先方と揉めて、その近所の人から恨み買ったらどうするんだ。だって、私の個人情報、あっちに渡っちゃってるんだから怖い。

うちのドアに張り紙を出すことも考えたけど、それも角が立ちそうだし、事情を知らない人が見たら変に思われそうで・・・あああ。

 

しかし、この誤配問題、頻発しているようなのだが、Amazonさんは会社としてどうにかする気がないんだろうか。

毎月利用している私としてはAmazonさんを嫌いになりたくない。でも、こんなことが続くと嫌いになりそうだ。

世界有数の大企業なのだから、きっちり対応して欲しいなぁ。