おこもりさんも大海の夢を見る

諦めず、焦らず、時に倒れても海を目指して、ほふく前進する引きこもりの雑記ブログ

うーつが来ーた、うーつが来ーた / 記念日うつも薄らいできたっぽい

ブログランキング・にほんブログ村へ

明るく歌ってみる。うーつが来ーた、こーこーにー来・・・

ハッキリ言って、昨夜24時近くまで忘れていた。記念日うつのことなんて。

 

アレ以来、毎年3月はウツっぽくなる。私は当時東京にいたし、田舎には付き合いのない親戚しかいなかった。

ただ、私の魂の一部、アイデンティティの要は、あの海辺の集落の上を漂っているので、喪失感が半端なかった。

特に、水蒸気爆発以降は。

それに、何よりも、東京で家族を含め、職場の人々や友人知人の発言や振る舞いで、私が人間不信になるのに充分な出来事が細かく沢山あったのだ。

だから、以来3月は毎年おかしくなる。

 

まあ、毎年のことだが、ついうっかりニュースなんかを見かけたり、ネット民の言葉を見かけたりしているうちに、目が据わって、ドッカーンと怒りが爆発する。

目の前にいたら胸ぐら掴んで吊し上げて・・・。言いたいことが頭の中で氾濫する。「30km圏内だって補償なんかねーよ、当然恩恵も元々なかったんだよっ」とか。「ただの土地じゃねーんだよ、親が死ぬより辛いんだよっ」とか。

しかし。

今年もそれなりに憤ったが、すぐに鎮火した。心の傷は塞がってはいないが、傷口から噴き出していた血は止まったらしい。

 

トマトが食べたいなぁと思った。

唐突なようでいて、そうではない。関連があるのだ。

我が故郷には、だだっ広いトマト農園が出来るらしい。未確認情報だが、そういう案が公的機関で出ていたのは確かだ。でも未だにできていないのは何故だろう。まあ、何か事情があるのだろう。

トマトは塩害に強いらしい。でもまあ海水よりも問題なのは、山から流れ出す剣呑な見えない毒物なので、土はどこかから持ってくるのだろう。あるいは水耕栽培かもしれない。

今や、農業法人が室内で合理的に野菜などを栽培している。ほぼ全自動で、人手も少なくて済むらしい。天候に関係なく予定通りに作れるようだ。

 

でも、個人的には、本物の太陽をいっぱい浴びて真っ赤になったトマトを食したい。それも、昔ながらのちゃんとしたトマト。もいで井戸水で冷やした甘酸っぱいトマト。

うちのトマトは美味しかった。いつだって完熟でみずみずしかった。

冷え冷えの真っ赤なトマトが食べたい。山ほど食べたい。

 

そういえば、最近野菜あんまり食べてないんだっけ。

ウツじゃなくて、ビタミン不足なのかもしれない。栄養が偏ると空腹になるからな。

うーん、柑橘系も食いたい。レモンスカッシュも飲みたい。

フルーツ山盛り食べたーいっ!

 

・・・安価なオレンジジュースでも飲んでおくか。しょぼ。