おこもりさんも大海の夢を見る

諦めず、焦らず、時に倒れても海を目指して、ほふく前進する引きこもりの雑記ブログ

【ドラマ】色が取りざたされている大河「麒麟がくる」が始まった

ブログランキング・にほんブログ村へ

先に宣言しよう。人々が既に取りざたしている問題について文句を言うが、私はこのドラマを観続けるだろう。

 

衣装に関しては黒澤和子氏と知ってから、ハリウッドファンタジーや、黒澤監督作品のような鮮やかな色になるとは想像していた。

で、実際にその通りだったのだが・・・・。

ドキュメンタリーじゃないのだから、色合いは鮮やかで良いと思う。鮮やかでなければ黒澤和子氏の仕事じゃない。

しかし、幾ら何でも、おろし立ての着物感バリバリで、折り目が入っていて、何ならノリまで効いてるんじゃないか、ってのはどうだろうか。

ここは、いずれ担当スタッフなりディレクターなりが気づいてくれる事を願う。

 

でね、映像の大問題。緑がハレーションしてる。加工のやり過ぎ。

うちのテレビのせいなのか?目がチカチカするし、酔ってしまうのだが。

まあ、これもいずれ調整してくれるよう祈る。

 

最大の難所は「CG」だ。仕事が、雑すぎる。

以前の大河で、上杉謙信役のガクトが登場するシーンが、ゲーム映像のようで浮いていたのが話題になったが、あれはあれで良かった。

だから、大河の映像がアバターチックだっていいと思っている。

あからさまではあるが、太陽光は演出として受け容れよう。

しかし、家事のシーンの、あの炎は酷かった。あれはいかん。CGであれをやるなら、特撮の方がいい。

ゴジラの鼻息だって、もっとリアルってもんだ。

だって、あのシーン、帰蝶女優問題とは関係ないでしょ。日程がどうのじゃないでしょ。

本能寺の変の火事が同様だったら、泣くよ。お願いだから、軌道修正してくれろ。

 

門脇麦ちゃんが、実力を出せていないのは、もしかして時代劇初めてだとかだろうか。まあ、まだ始まったばかりだし、演者も製作陣も徐々にこなれてゆくと信じよう。

 

オープニングや風景のシーンなど、美しくカッコいいところも沢山あった。映像的な愉しみはソコに見出そうと思う。