おこもりさんも大海の夢を見る

諦めず、焦らず、時に倒れても海を目指して、ほふく前進する引きこもりの雑記ブログ

音楽の引っ越しが大量すぎるのに、まだ欲しい楽曲がいっぱい

ブログランキング・にほんブログ村へ

f:id:sakuran_blog:20200115080138j:plain
どうやら近頃は、日本各地の主要駅や商業施設などにピアノが置いてあり、「ご自由に弾いてくださいな」ということになっているらしい。

それを演奏するのをストリートピアノと言うようだ。ピアノは持って歩けないものねぇ。

ソニー拡張子の音楽をituneに移す作業をしていて、ふと思いついてあることをググったら、YOUTUBEで出てきたのがストリートピアノだった。

何だろうと観てみたら、超絶技巧のピアノが聴けた。しかもその場で飛び込みで連弾をしたりしていた。仰天。ついつい、ハマってしまった。

オサレだな〜。即興アレンジなんて出来たら、人生楽しかろうなぁ。

 

私はと言えば、音楽の神様に才能も肉体も見放されており、笑っちゃうくらい何も出来ない。

ただ、音楽自体は好きで、だから今、山ほどある音楽データに苦戦しているのだ。

すでにアルバム100枚を外付けHDDに引っ越したが、まだ80枚くらい残っている。でもって、itune仕様にしなきゃならんのがうち50枚以上あり、改めて持っているCDから読み込むものが50枚くらい。

だからええと、作業としては少なくとも200枚くらいはあるのだ。

しかも、この他にもあるはずなのだ。山程。どこに忘れているのやら・・・とほほ。

それに、ここ十年ほど新入荷をほぼしていないし、泣く泣くお別れしたCDもあるので、図書館で借りてきて録音したいのがこれまた沢山ある。

あああ。

しかし、ここでちゃんと統一規格でHDDに落とせば、次に拡張子が変わっても、一斉にエンコードできるはずなので、頑張るのだ。

 

本当は、今は聴く気が無いアルバムもあるのだが、資料として貴重だから取っておかねばならない古いものもあったりして。

効果音も多少あるのだが、どうすっかなぁ。この先、朗読音源とか作る可能性、あるだろうか。ぼんやりとイメージしているものがあるので、やはり取っておくしかなかろう。

効果音、集めるの大変なんだもの。

 

そして、今年から来年にかけて書きたい小説にはピアノ曲の調査が外せない。で、手持ちのピアノ曲が少なすぎる。

音数を抑えた詩的なピアノ曲が欲しいんだな。

英語がダメなのでYOUTUBEで間に合わないという悲しみ。

 

ま、何はともあれ、現状を何とかして、受け入れ態勢を整えねば!

YOUTUBE沼にハマってる場合ではない。