おこもりさんも大海の夢を見る

諦めず、焦らず、時に倒れても海を目指して、ほふく前進する引きこもりの雑記ブログ

【ドラマ】空から降る一億の星 / 最後のさんまの笑顔が意味深に思えて仕方がない

ブログランキング・にほんブログ村へ

再放送をやっていたので、一気に観た。2002年の月9だったようだ。

 

一話目を観たら、木村拓哉がやけに綺麗な顔をしていたので、二話目も観た。どんな話なのかまるで想像がつかない。でもまあ、木村拓哉の瞳が剣呑な感じだったので、三話目も観た。彼は綺麗な顔をした悪魔かそれともただの不憫な子なのか。

ここまで観れば、四話目から様々な事柄が動き始めるので、あとはハラハラする展開になる。

で、井川遥がヒロインかと思いきや、話が進むにつれて深津絵里がヒロインだったんだーと、間抜けな私は気が付いた。

 

一言でいえば、エゲツない救いもないドラマ。

主人公の悪魔的な木村拓哉も、刑事役のさんまも、妹の深津絵里も不憫すぎるのだ。

一瞬見ただけで写真のように記憶する主人公(木村拓哉)の能力については、最後まで解明されないし。

しかも、絶望のどん底で、辛いはずのさんまが、最後に微笑むのだ。

ここ!この演出が分からん。

単純に悲劇で終わらせてくれるか、普通に現場から立ち去って欲しい。

あえて微笑ませたのは、なじぇなの?

もしかして実は悪魔はさんまだったって話?などと深読みしたくなるシーンだった。

 

脚本は北川悦吏子

「素顔のままで」「ロングバケーション」「最後の恋」「ビューティフルライフ」とまあ、意外と観ていた。

でも、この「空から降る一億の星」はスッキリせん。

さんまの微笑に気づかなければ、あるいは理解できれば、スッキリした筈なのに。最後の、ほんの1カットに疑念を持っただけで、これほどモヤるなんて。

脚本なのか演出なのかは知らないけれど。

私の安眠の為にも、教えて欲しい。あれは一体なんのカットだったのーっ!?

 

たくさんの人が次々と死んでいく中で、柴咲コウ演ずる少女だけは救われたかもしれんな。

でも、もしもさんまが悪魔だったとしたら、彼女も危険なわけで。

頼む、はっきりさせてくれ〜と、懇願したくなる。

 

そんなドラマだった。主要人物を殺しているから続編はないだろう。

スピンオフか何かでやってくれないかなぁ。20年後の話でいいからさ。

おや、本が出ているよ。これで解明されてるのかなぁ。でもノベライズってことだから、親切なネタバラシはないかな。

空から降る一億の星 (角川文庫)

空から降る一億の星 第1巻 [DVD]