おこもりさんも大海の夢を見る

諦めず、焦らず、時に倒れても海を目指して、ほふく前進する引きこもりの雑記ブログ

andymoriと小山田壮平が沁み込んできた / 耳から離れない稀有な声

ブログランキング・にほんブログ村へ

若い人たちには「今更かよ」と言われそうな「andymori」と「小山田壮平」と「AL」。

先日バラエティー番組を観ていたら、ほんの少しサビの部分だけ、小さな音量でインストゥルメンタルで流れた曲があった。

普通ならスルーするはずの、ささやかなBGMだった。なのに、私の頭の中で「♪ファンファーレと熱狂 赤い太陽〜・・・♪」と歌が流れたのだ。

この曲、何だっけ? 私は記憶の抽斗を漁った。そうしたら、珍しく記憶が出てきたのだ。

数ヶ月前に、お気に入りのブログで紹介されていて聴いてみた曲だ。しかし、タイトルが出てこない。「ファンファーレと熱狂」でいいのか?

ググったら、出てきたよ「andymori」。タイトルは「1984」だった。

arimeiro.hatenablog.com 

どこか懐かしい雰囲気なのだが、明らかに私の世代より後の世代のものだ。でもって、メインボーカルの個性的かつ未完成感のある少年のような歌声、私の耳にストライクなやつだ。

andymoriは既に解散したバンドだが、ボーカルはまだ音楽活動をしていて、新しいバンドをやっていたり、ツイキャスなるものもやっていた。YouTubeにも音源が沢山出回っていて、ラッキーとばかりに、聴き漁った。

小山田壮平の歌は、尾崎豊にどこか通ずるものがあるが、圧をかけてこない。むしろ引いているような、揺れているような、心地よい不安定感。

自作なのにボーカルの音域よりキーが高い曲が多いようで、彼の低音から中低音が好みな私としては少し残念。それでも、ちょっとハスキーで、太くて厚みがあるのに少年みたいな声が耳から離れない。

もっと売れていいボーカリストだと思うのだが、何故か商業的にそれほど成功していない様子。あえて商業ベースに乗らないようにしているのだろうか。

andymoriとALのどちらのバンドも、雑な印象を受ける。音が足りないような感じ。ポップなサビでも、CMのタイアップは無さそうな、良くも悪くもビジネスにならなそうな、アングラっぽい匂いがする曲と歌だ。

例えば私の聴覚を今も半ば占領している「1984」のサビ。ここのボーカルはベースが歌っていて、小山田壮平は低音でハモっている。

ファンファーレと熱狂 赤い太陽

5時のサイレン 6時の一番星

(「1984」作詞:小山田壮平

このサビの最後の「一番星」を「いちばんぼし」と字余りで歌っているのだ。文字の表記は別にして「きんせい(金星)」と歌えば、すんなりまとまるのに、わざわざ「いちばんぼし」。

他の曲だが、メロディーも上がるのが自然なところで下がったりする。でも、その「小綺麗にラッピングしたくないんだよね」な音が、好ましく思えたりもする。

もっとピカピカに綺麗に磨き上げたら、どっかーんと売れる気がするのだが。スタイルじゃないんだろうなぁ。

いっそ、カバーアルバムでも出したらいいのに。いや、出して欲しいのに。

 

私たちの世代以上にガツガツしていない佇まいが、彼の歌と声に魅力を与えているのかもしれない。

アンディとロックとベンガルトラとウィスキー

【Amazon.co.jp限定】NOW PLAYING【特典:風のない明日(Live from AL 1st Tour 2016@赤坂BLITZ)のM∞CARD付】

wikiを確認してみたら「オルタナティブロック」とあった。どうやら70年代の商業主義的ロックに対抗するものらしい。なるほど。

でも、やっぱり、勿体無い。


andymori- 1984

 

なんと図書館でandymoriのアルバム5枚ともあった!早速予約しましたさ。CDの状態は分からないので、ちゃんと聴けることを祈るのみ。

(ボンビーで買えないのだ。苦苦苦)