おこもりさんも大海の夢を見る

諦めず、焦らず、時に倒れても海を目指して、ほふく前進する引きこもりの雑記ブログ

【映画】ミニミニ大作戦 / ミニのカラーリングを妄想すると楽しい

ブログランキング・にほんブログ村へ

観るのは3回目。何度見ても、ミニが階段をガンガン降りていくのが爽快。

この映画を観るとミニが欲しくなる。

ミニクーパーS。ただし、映画ではサスペンションなどの改造がしてある。

ミニといえばBMWのミニだが、昔はローバーミニだった。

ローバーミニも四角いオモチャみたいで可愛い。ローバーならカラーリングは定番が良い。ボディは黒で屋根色とボンネットのラインは白。

ir-japan.net

けれどBMWになってからのミニは、カラーをとことん考え抜きたい。

街中を走っているミニは個性的なカラーのが多い。時にはグェッと目を覆いたくなるものもあるが、大抵は「あのブルーいいなぁ、これ私ならホイール黒にするな」などと、妄想を掻き立てられるものだ。

実際に乗るなら5ドアのクロスオーバーになるだろう。運転を楽しむなら、ハンドルのキレがいいクーパーが良いようなのだが。

私はハンドルに余りがなく、太いタイヤで、サスペンションも硬い感じの小回りがきく車が好き。一心同体になれるから。

で、運転したいのはクーパーで、用途を考えるとクロスオーバー、現実的には車なんて買えない。

何れにしてもミニのカラー展開は豊富で見ているだけで楽しい。

www.mini.jp

lepio-magazine.com

上の歴代カラーの紹介サイトだと「アイスブルー・ソリッド」のカラーリングにハートを撃ち抜かれた。

 

映画なのに、車の話ばかりじゃないかって?

いいのだ。これはミニが狭い路地裏、駅のホーム、下水道の中などを爆走するのを楽しむ映画なのであって、他にも楽しいところはあるが省いて良い。

だから、ミニが登場したところから観ても良いくらいだ。

 

ミニミニ大作戦 [Blu-ray]