おこもりさんも大海の夢を見る

諦めず、焦らず、時に倒れても海を目指して、ほふく前進する引きこもりの雑記ブログ

大さじ小さじとは何ぞや / 軽量スプーンと計量カップ

ブログランキング・にほんブログ村へ

大さじ小さじがわからない

 

大さじって大きいスプーンで、小さじってコーヒースプーンみたいなのかと思っていた。というご意見を家庭内よりいただきまして、そういえば料理用語だなって気づいたので、説明してみることにしました。小中学校の家庭科なんて忘れちゃうようですな。

この写真が「計量スプーン」というもので、私がオススメしている、大さじと小さじで一本のステンレスのもの。洗いやすいし、実際、大小しか使いません。

SW 18-8 極厚ダブル計量スプーン 5・15cc

大さじは15cc、小さじは5cc。どちらも「すりきり」一杯での容量です。

正しい計り方を知りたい方は、こちらのページがわかりやすいかと思います。

saruwakakun.com

 

計量カップも説明する

HARIO (ハリオ) メジャーカップ 耐熱ガラス 取っ手付 250ml MJP-250

写真はハリオの「メジャーカップ耐熱ガラス取っ手付き」。耐熱ガラスの取っ手付きを私はオススメします。中身が直接見えるので、計りやすいのです。

広口のものが、洗いやすいし、かき混ぜるのにも便利です。

大きさは200cc(200ml)が計れれば通常は充分かと思います。

ただ、私は計量カップでタレやつゆを作ってしまいたいので、500mlにしてもよかったかなと思っています。

しかし、計量の誤差を出さないためには、200ml〜250mlが手頃でしょう。置いておく場所も取らないし。

 

普段の料理は目分量でいい

不慣れな人ほどキッチリ計りたがる傾向にある気がします。不安感がそうさせるのでしょうか。

家庭料理は毎回多少味が違っていた方が、飽きがこなくて良いと言う人もいるくらいなので、大きく間違わないためにこういった計量道具を使うだけ。「すりきり」だからって、実際に「すりきる」必要はありません。山盛りになってなきゃいいんです。

計量カップも線の上か下か中央か、迷わなくて良いのです。上でも下でも中央でもいいんです。なんなら、1ミリくらいズレてたって構わない。

不安なら、薄味気味にしておくと良いです。薄めるよりも、追加する方が楽だから。

 

慣れると、その辺のカップだとか、スプーンなど、手近にあったもので、作るようになります。下手するとカップなんて使いません。瓶からドボドボ行きます。

作る量がいつも決まっていて、いつも同じ鍋だと、こんな感じで行けるのです。計るに越したことはありませんが、面倒くさがりなもので。

 

てへへ。 

sakuran-blog.hatenablog.com

sakuran-blog.hatenablog.com

sakuran-blog.hatenablog.com