おこもりさんも大海の夢を見る

諦めず、焦らず、時に倒れても海を目指して、ほふく前進する引きこもりの雑記ブログ

タピオカとバジルシードを勘違いしていた / ◯の卵どころかカラフルで可愛い

ブログランキング・にほんブログ村へ

f:id:sakuran_blog:20190914195244p:plain

こんなタピオカなら食べてみたい

タピオカじゃなかったのねーっ!


随分と昔、エスニック料理のビュッフェで初めてタピオカが入ったスープを見て、驚愕した。叫んで逃げ出しそうになった。

それは「カエルの卵」の小さいのにしか見えなかったのだ。半透明でグレーっぽくて、黒い点がある。

しかし、近頃、それは勘違いだったと思っている。わたしが見たのはおそらく「バジルシード」で、タピオカとは別物。

タピオカって、サイズはいろいろだが、中に黒い点はないようだ。

しかし、バジルシードをタピオカだと思い込んでいた私は、タピオカと聞くだけで、絶対に画像を見なかった。Gとカエルは、私にとって恐怖の大王なのだ。

玄関先にアマガエルがいて、排除されるまで数時間、家に入れなかったことがあるほどだ。

奴らがピョンと跳躍しようものなら、私は130cmくらい上に跳ねる。横っとびなら3メートルくらい跳んでしまう。

その上、集合体恐怖症でもあるので、卵だなんて、想像するだけで・・・ブルブル。

 

タピオカがカラフルになっている 

そのタピオカは、今ではすっかりカラフルになっているようだ。カラフルなら集合体恐怖症も大丈夫。原材料は芋の粉らしい。でんぷん質で、半透明になっているのか。黒いのは黒糖などを入れてあるんだと。黒いのはダメかもしれない。

そんじゃ、カラフルなのを試しに食べてみたいと思ったが、近所に売っているだろうか。東京なのに、神奈川県の防災情報が入る場所に住んでいるので、もしかしたら無いかもしれない。

 

わざわざ取り寄せてまで食べたいと思わないのは、心の底に恐怖心が残っているからか。第一印象が悪い食べ物との仲直りは早々には出来ないのかも。