おこもりさんも大海の夢を見る

諦めず、焦らず、時に倒れても海を目指して、ほふく前進する引きこもりの雑記ブログ

代替肉というものを今日初めて知った

ブログランキング・にほんブログ村へ

f:id:sakuran_blog:20190828023151j:plain

代替肉(フェイクミート)って何者?

恥ずかしながら、昨日初めてその単語を見て、嫌な予感がしたのでググった。嫌な予感とは、不健全な響きのことだ。

主に、精神的な不健全さを感じることが多いが、これは肉体的な不健康も伴う、場合によっては危険とすら言えるものと思われる。

植物性の肉。それは既に「肉」ではない。植物性で良いのなら、豆腐だのこんにゃくだのを食えば済むことだ。でも人は「肉」を食べたくなる。それならば「肉」は必要なものであるかもしれない。

代替肉をアレルギーのある人や、制限せざるを得ない人が食すならば、それは大変有用なものと言えよう。

だが、思想だの流行だので「肉食」を否定して、それでも肉を食べた気持ちになりたいから、肉に思えるものを食べる。それって、あまりにも強引すぎる。

「肉食」を忌避するならば、単に食べなければいいだけだ。それを回りくどい事をして「私たちは動物を殺さない」だなんて、不健全極まりない思考回路だ。

私自身は中2頃、成長期が来るまでは、ベジタリアンに近い食生活だった。フレキシタリアンとベジタリアンの間な感じ。

フレキシタリアンとは「菜食主義中心の生活の中に、時には肉を取り入れた食事を行う人のこと(wikipediaより)」らしい。

準菜食主義 - Wikipedia

 

準菜食主義的子供時代

子供の頃に私が摂取していた動物性タンパク質は、一日一個の鶏卵。たまにハム、ささみ、魚、魚肉ソーセージ、練り物、を食べるといった具合だった。乳製品も殆ど摂取することがなかった。

鶏卵以外は、本当は食べたくないけれど、無理やり食べさせられていた。摂食障害でもあったから、この食生活だけが原因とは断定できないが、「肉を食わないと体力がつかない」と思われる。

嫌いな乳製品や肉を口にするようになったのは、成長期が来たときだ。何としてでも背を伸ばしたかった。殆ど丸呑みに近い状態で、成長期の私は肉を食らった。おかげで2年間で30センチほど伸びて、その後もじわじわと伸び、平均身長を5センチほど上回った。

だが、今でも殆どの肉や魚を食べることができない。無理して食べても、吐いてしまうことが多いので、無理には食べない。

 

何事も極端はよろしくない

フェイクミートは、欧米で拡がりを見せているらしい。前述したように「動物を犠牲にしない(が、動物を食べた気持ちになれる)食事」という、不健康極まりない思想からきている。

それでは、植物は犠牲にしてもいいのか。

サボテンも恐怖や心地よさを感じるという研究があるくらいで、それは今はまだトンデモ研究だが、いつの日か真実だとなったら、そういった思想の人たちは何を食うのだろう。

これまで、人間は肉を含め、色んなものを食って生きてきた。肉が不要になる日が来るかもしれない。

だが、それは何世代にも渡って緩やかに変わるべきものであって「今年から我が家は菜食主義にします」なんてことにしちゃいけない。

それは不自然が過ぎる。もちろん、肉が手に入らないから食えないというのは仕方がない。また、大人が思想で行うのも勝手である。

しかし、子供や他人に強要するものではないし「肉を食うなんて、意識の低い人間だ」などといった風潮を作るのも、よろしくない。実によろしくない。

ただ、日本人限定でいえば、肉食傾向になったのは近年のことなので、肉を食べ過ぎていると思うなら、和食に回帰すればいい。文化の保護にもなる。

小柄な人たちが増えていき、再び脚が短くなるかもしれないが。

身体への影響は、例えば私が菜食になるのと、肉を多く摂取してきた人が菜食になるのとでは、まるで違うだろう。

何事も、極端なことをすると、不具合が生じる。ゆるゆると増えたものは、ゆるゆるとしか減らしてはいけない。ダイエットのリバウンドと一緒。後から支障が出るのだ。

 

代替肉が日本で流行りませんように

オリンピックを機会に代替肉が日本でも流行し始めることを、私は恐れている。

クジラやイルカは可愛いから賢いから食べちゃダメとか、犬や馬やウサギを食べるなんて考えられないとか。平気でそういう発言をする人がいる。

自分が食べないのは結構だが、他人の食を非難するのは如何なものか。私は現在、殆どの肉が食えないが、飢えた時には蛇だろうがトカゲだろうが食うだろう。自分でとっ捕まえて、捌いて焼いて食う・・・と思う。多分。

日本人の同調圧力ときたら、どっかの国のことを笑えない時がある。神経症的に肉食者狩りが始まったら嫌だなあ。

食べなくなると、匂いが気になるようになる。肉を食うヤツは臭いから電車に乗るな!とか言い出しそうな世の中。

怖い怖い。