おこもりさんも大海の夢を見る

諦めず、焦らず、時に倒れても海を目指して、ほふく前進する引きこもりの雑記ブログ

タクシーとエスカレーターとエレベーターと

ブログランキング・にほんブログ村へ

f:id:sakuran_blog:20190818051357j:plain

出かける準備が大変なのだ

おこもりさんである私が病院へ行くには、準備が大変。

お出かけ30分以上前に「頓服」を飲む。パニック発作強迫性障害及び感覚過敏への予防。

夏場は持ち物が大変で、「除菌ウェットティッシュ」「マスク」「音楽」「アイスノン」「冷えたお茶」「ハンド扇風機」必須。

暑いとパニック発作が起きやすい。嗅覚が豚さん並みなので、効果は薄いけどマスクをする。聴覚過敏のために音楽で耳をふさぐ。外でトイレに行ったり、ドアノブなどを触った時には除菌しないと強迫性障害が顔を出す。

そして移動は「タクシー」オンリー。月に1、2度だから車を買うより断然安い。

タクシーに乗るときには、いつも緊張する。冷房が控えめだと息苦しくなる。そして、前の客の残り香がキツい時もある。車内の臭い消しがアダになる事もある。

 

病院についても危険がいっぱい

病院につくと、エスカレーターを使わねばならない。ちょっと面倒臭い。ツレに後ろに立ってもらわねば乗れないのだ。信頼できない人間に背後をとられると、首が硬直するのだ。シマウマ並みに後ろに立たれたくない。

エレベーターにも乗らねばならない。階段で人とすれ違うとき、その人がクリアファイルなどを持っていたら、叫んでしまったり、ひどいと飛び跳ねまくって、のちに倒れる。

だが、エレベーターも油断は禁物。空いているエレベーターが来るまでは乗れない。乗っても、後からどんな人が乗ってくるかわからないので、隅っこに寄ってツレにガードしてもらう。

病院には当然病人がいて、その病気特有の臭いがすることがよくあるので、なるべく息を止める。仕方がない場合はマスクして腕で鼻を押さえつつ、浅く息をする。

それが香水や、流行りの香りの洗剤などの臭いだったりすると、腹が立ってしょうがない。

病院に香りものは禁物だ。本来なら化粧だって控え目にするべきだ。制汗剤も無香にして欲しい。

幸いにして閉所恐怖症ではないのだが、臭い問題により、エレベーターの緊急停止の可能性に戦々恐々とする。

入院したこともある、勝手知ったる病院だから、この程度で済んでいるのだ。知らない病院に行くなんて恐ろしい。

因みに入院していた時、検査や手術の時は車椅子かストレッチャーで移動していた。歩けるのだが、怖くて目を開けていられないので、仕方なくそうなった。音楽を聴きながら、目を固く閉じて、運ばれていた。

病院側としても、予測不可能な精神的な発作を起こされると、何かと不都合だったからだろう。快く手配してくれた。

今は内科、精神科、歯科と丸ごとその大学病院のお世話になっている。

実にありがたい。

 

今週のお題「わたしと乗り物」