おこもりさんも大海の夢を見る

諦めず、焦らず、時に倒れても海を目指して、ほふく前進する引きこもりの雑記ブログ

夏ドラマの個人的視聴選考会/ 作品によって見方を変えて楽しもう!

ブログランキング・にほんブログ村へ

f:id:sakuran_blog:20190728144613j:plain

昨今、ドラマは原作もの、韓流のリメイクなどが多い気がする。原作ものは、原作を知っていても、別物として観ることにしている。韓流のリメイクなんかは、強引だったり突飛だったりするストーリーがアレだが、役者を楽しむことにしている。

ドラマも映画も読書も、見方を変えれば楽しいものが増える。そりゃ、ストーリーも役者も音楽もセットなど、全てが高品質なのが良いのは当然。しかしそれを追求しちゃうと、楽しみが減る。それは損な気がする。だから私は批評などが苦手なのだが。

 

地上波だけから一次ピックアップ(順不同)個人的趣味から偏りが凄い

  1. ノーサイド・ゲーム」大泉洋
  2. 「スカム」杉野遥亮
  3. 「リーガルハート」反町隆史
  4. 「これは経費で落ちません!」多部未華子
  5. 「わたし旦那をシェアしてた」小池栄子
  6. 「ルパンの娘」深田恭子
  7. 「それぞれの断崖」遠藤憲一
  8. 「背徳の夜食」(オムニバス)
  9. 「サインー法医学者 柚木貴志の事件簿ー」大森南朋
  10. Heaven? ーご苦楽レストランー」石原さとみ
  11. 「TWO WEEKS」三浦春馬
  12. 「ボイス 110緊急司令室」唐沢寿明
  13. 「監察医 朝顔上野樹里
  14. 「凪のお暇」黒木華
  15. 「刑事七人」東山紀之
  16. 科捜研の女沢口靖子
  17. 「警視庁ゼロ係」小泉孝太郎

15〜17はいつも観ているので決定。9〜14は観るって決めました。これだけでも一杯一杯。だが7「それぞれの断崖」は観たいに決まってるし、8「背徳の夜食」は初回が面白かった。特に肉に食らいつく橋本マナミが最高だった。ただ、オムニバスなので、回によって浮き沈みがあるだろう。

6「ルパンの娘」はバカバカしさが素敵だし深田恭子が可愛いのだが、観ている暇がないかな。5「わたし旦那をシェアしてた」は小池栄子が好きなので観ているのだが、話の流れによってはリタイヤするかも。1「ノーサイド・ゲーム」は大泉洋だから観てみたものの、やはりこのラインナップからすると諦めるしかあるまい。4「これは経費で落ちません!」は経理もののコミカルなドラマだが、主人公が経理マンではなく経理事務なので、今ひとつ迫力に欠ける。見送ろうかな。3「リーガルハート」はこれからなので一話を観てどんなものか様子見としよう。2「スカム」は6月からやっていて、あまり知らない役者が出ているのだが、撮り溜めて一気に観る予定だ。

 

さて、今回推したいのは4つ!

Heaven? ーご苦楽レストランー」

主演が石原さとみとなっているが、福士蒼汰主演だとわたしは思った。石原さとみの衣装や身勝手っぷりが楽しいのだが、福士蒼汰目線で話が進んでいく。脇の役者も揃っている。原作の漫画が佐々木倫子。まずまず外さないであろう。

で、このドラマの楽しみ方は、ただ笑うのだ。考えてはいけない。オーナー役の石原さとみに振り回される、レストランの従業員を観て同情しながら笑うのだ。役者がいいので勝手に笑えてしまう。

原作ものを観る基本「原作を忘れて観る」ことが大事。

 

「TWO WEEKS」

三浦春馬は良い役者になったなぁ、と思った。2週間の逃走劇で、韓流リメイクにありがちな、オイオイな部分はあるものの、犯人役の三浦春馬と刑事役の三浦貴大に集中して観ると楽しい。あと、子役の女の子が可愛ええ。黒木瞳演ずる政治家の腹にイチモツありそうな気がしてならない。

主人公の逃げ方の下手くそさと御都合主義は考えずに観るべし。あるいは突っ込みながら楽しむべし。

 

「ボイス 110緊急司令室」

これも韓流ドラマのリメイク。だから、やはりオイオイなところはある。あるけれど、音声にこだわった刑事もので、これがスリリングでたまらない。110番通報から10分以内に被害者を助けるという、時間制限がさらに緊張感を高める。唐沢寿明のアクションは良い。だが真木よう子が内勤なのが残念。SPみたいな真木よう子を観たいんだがなぁ。警察内部に問題がある様子なので、最後まで観たいと思う。

真木よう子演ずる役の能力のことは、考えずに受け止めて、「あああっ!やばいやばい!早く〜っ!」とハラハラしながら観るに限る。

 

「凪のお暇」

今回密かにイチオシなのが、これ。ストーリーがどうなっていくかは分からないけれど、黒木華高橋一生中村倫也市川実日子三田佳子という布陣が素晴らしい。で、武田真治がバー(スナック?)のママをやっている。

高橋一生の役がいい。ひどいモラハラ男で、別れても拒んでもやってくる嫌なヤツなのだが、黒木華演じる主人公に拒絶されては、一人泣きながら帰るのが、視聴者目線だと可愛い。一方、中村倫也が男前なんですわ。タトゥーは嫌いだけど、惚れるわー。

黒木華がのびのびしている姿にホッとする。他の役も個性派ぞろいだけれど、肩こりが緩みそうなドラマ。だら〜っとポテチでも食べながら観ると良い。

 

夏のドラマって、面白いものが少ないイメージだったのだけれど、今回は充実していて嬉しい。WOWOWやBSなんか、さらに楽しそうなのだが、うちは地上波とたまにHuluをまとめ観なので、Huluに来るのを待つしかない。でも近頃は地上波だけでアップアップだ。

 

 

今週のお題「夏休み」