おこもりさんも大海の夢を見る

諦めず、焦らず、時に倒れても海を目指して、ほふく前進する引きこもりの雑記ブログ

たま「さよなら人類」は文学だと思う

ブログランキング・にほんブログ村へ

「たま」というかわいい名前のバンドが、嵐のように沸いて嵐のように去った。という感覚がある。その時特に入れ込んだ訳ではないが、このバンドの歌詞がとても文学的なのだ。歌詞というより「現代詩」と言えよう。

超ヒット曲だし、なんだかほのぼのとした音だしで、聴いただけでは気づかないかもしれないが、歌詞カードを見ると、仰天する。詩的な上に、全体を通すと意味が深い。歌詞全体の言わんとするところが気になる方は、歌詞系サイトに飛ぶと良いと思いまする。

「さよなら人類」作詞:柳原幼一郎

二酸化炭素をはきだして あのこが呼吸をしているよ

どん天模様の空の下 つぼみのままでゆれながら

野良犬はぼくの骨くわえ 野生の力をためしてる

路地裏に月がおっこちて 犬の目玉は四角だよ

今日 人類がはじめて 木星についたよ

ピテカントロプスになる日も 近づいたんだよ

続きも素晴らしい。だが、歌詞が詩的であることに共感していただくには、これだけで充分だろう。 

初めてテレビで観た時は、そのビジュアルと「木星についたよ」の後の「ついたー!」というコーラス(?)に笑ってしまって「牧歌的ないい曲だなぁ」なんて騙された。内容はちっとも牧歌的でも朴訥でもない。とんがってる。

「あのこ」が「二酸化炭素をはきだして」と、のっけからガツンと言ってる。だが、メロディーがとても、ほんわかしているので、内容にまで頭が回らないのだ。作曲も作詞と同じ人だから「確信犯」だ。

3行目の「ぼくの骨」を「野良犬」がくわえてるってのもシュールだ。「ぼく」はどういう立場でこの歌を書いたのか。しかも「犬の目玉は四角だよ」って、もう世界観がぶっ飛んでいて、頭の中でお星様がペカペカ光っちゃう。すげぇ。こういう世界観は作り出せないなと思った。バンドマンにしておくのは惜しい。文学をやったらいいのに、って思った。

で、最後の部分がまたキてるので、途中を飛ばしてご紹介。

「さよなら人類」作詞:柳原幼一郎・・・続き

サルにはなりたくない サルにはなりたくない

こわれた磁石を砂浜で ひろっているだけさ

 

今日 人類がはじめて 木星についたよ

ピテカントロプスになる日も 近づいたんだよ

 

サルになるよ サルになるよ

「サルにはなりたくない」と言いながら、最後「サルになるよ」って。全文を読むと、原爆のことを書いていることが分かるのだが、「サルになるよ」という脅し文句はすごいと思う。だいたい「ピテカントロプス」なんて歌詞を書いた人がそれまでいただろうか。

近頃の若者の作る歌詞にも素晴らしいものは沢山ある。私は「SEKAI NO OWARI」の歌詞で「ファフロッキーズ」が出てきたときにも「なんじゃそりゃ」と慌ててググり、その後感心仕切りで、口を阿呆のように開けて聴いていた。

だが、柳原幼一郎という人の歌詞はそういう「びっくり」が「びっしり」詰まっているのだ。ちゃんと全文読めば、内容は分かるのだが、一筋縄じゃ行かない感が満載。この人とお話しできたとしても、私なんぞは聞く一方で、「はぁ、へぇ、はい、はい、はい、ごもっともで」と間抜けな相槌を打つだけになっちゃいそうだ。

 

サルにはなりたくないが、サルになりそうだ。いや、もうサルなのかも。

 

 

今週のお題「わたしの好きな歌」