おこもりさんも大海の夢を見る

諦めず、焦らず、時に倒れても海を目指して、ほふく前進する引きこもりの雑記ブログ

平井堅の「知らないんでしょ?」が怖すぎる

ブログランキング・にほんブログ村へ

初めて聴いたのがテレビの音楽番組だったので、テロップが出ていた。

「ヒィーーーーっ!」と叫びそうになった。歌詞が怖すぎる。早速出しましょうかね。その問題の歌詞。

「知らないんでしょ?」作詞:平井堅

あの子を傷つけたいのに 褒めてしまう こんなに こんなに 醜く笑うの

汚れているのに その手をつないでしまう 私は 私は 静かな嘘つき

 

—- 中略

 

私なんて知らないんでしょ? 私なんていなきゃいいんでしょ?

あなたに笑いかけては心で 何度も殺すの

 

—- 中略

 

あなたの悲しい物語 本当はね 笑ってたの 知らないんでしょ?

 

あの子を知りたくないのに 調べてしまう 何度も 何度も 真っ暗な中で

惑わされるのに その声を聞いてしまう 私は 私は よくいる嘘つき

 

 

とりあえず、一旦ここまで。

怖い。胸に手を当てて、何人かを思い出す。私は彼女たちの「心で何度も殺」されていたのかもしれない。そう思うと怖いのだ。

私自身は単純構造なので、嫌いは嫌いだし、好きは好き。あれこれ考えるのが面倒臭いし、面倒臭いやり取りをする余裕もないので、いつも直球ストレート。変化球が来ても、ストレートだってことにしちゃう。

「あの子を傷つけたいのに」から、もう怖い。わかんねー。何で「傷つけたい」のだろう。どんな恨みがあるんだろう。何があったんだろう。

「あなたの悲しい物語」に「本当は笑ってたの」って・・・何でだ。しかも「知りたくないのに調べてしまう」って何者っ!?怖すぎるよ。

それが「よくいる嘘つき」って、よくいるの?そんな面倒臭い人が?ぇぇぇええっ!?

衝撃的だよ。わかんねーよ。いや、違うな。薄々わかっている。でも、面倒臭いから、オールスルーしてるんだな。嫌味を言われても気づかない振りで、お言葉通りに受け止めておく。だって、確認しようがないし、気のせいかもしれないし・・・・。

ああああ面倒臭っ!

で、最後の歌詞が極めつけ。ホラーだよ。

「知らないんでしょ?」作詞:平井堅・・・の続き

私なんて知らないんでしょ? 私なんていなきゃいいんでしょ?

あなたに笑いかけては心で 何度も殺すの

あなたが笑いかけても心で 何度も殺すの

知ってるんでしょ

最後の1行が・・・・エグい。「知らないんでしょ?」と、ずーっと歌っておきながら、最後だけ「知ってるんでしょ」でブチっと終わる。

ええ、なんか、薄々と、違和感はあった様な、なかった様でして、そのぉ、殺されてるとまでは・・・あうあう。

進退窮まってしまうま。

 

こんなエグい歌詞、よく書いたなぁ。怪談よりも怖いよ。

好きな歌・・・ってか、尊敬しちゃった歌詞だわ。

 

 

今週のお題「わたしの好きな歌」