おこもりさんも大海の夢を見る

諦めず、焦らず、時に倒れても海を目指して、ほふく前進する引きこもりの雑記ブログ

胎児が見る夢のような色

ブログランキング・にほんブログ村へ

十年以上前のことになるが、感動した色がある。

それは温かみのある薄い桜色に近い色合いの部屋で、それ自体が芸術作品だった。

下に三色ほど近い色を出してみるけど、見えるだろうか。真ん中が「薄桜」。

fcedf0

fdeff2 

ffe6ea

 

実際にはもっと淡い色で、黄色みも入っていたと思う。

一色ベタ塗りでは無く、微妙に同系色を塗り重ねていったもののようだった。

真ん中に椅子が置いてあって、そこに座って呼吸を吐くと、

なんとも言えない、穏やかな気持ちになった。

涙が出そうなほどの安心感がそこにあって、当時かろうじて外出ができるものの、

病状が進行していた私は、そのまま眠りたいと思ったほどだった。

 

画家になった同級生の個展を観に行った時、その地下のスペースで

美大生がひっそりとやっていた個展だった。

作品は部屋そのものなので、一つだけ。

値段はついていなかったが、財力があれば、私は金にモノを言わせて買ったことだろう。

でもって、組み立てて中に入って、死ぬまで出てこられなかったかもしれない。

 

何しろ、後にも先にも、あんな気持ちになったのは、今の所あの一回きりで、

似たものも思いつかないため、言語で表現するのに困っている。

イメージでしかないけれど「胎児の見ている幸せな夢」という印象かもしれない。

いや、「胎児にはこんな心地でいてほしいという願い」かもしれない。

もしも、死ぬまで引きこもるなら、あの部屋がいい。

 

 

 

今週のお題「わたしの好きな色」