おこもりさんも大海の夢を見る

諦めず、焦らず、時に倒れても海を目指して、ほふく前進する引きこもりの雑記ブログ

映画色ってどんな色なんだ

ブログランキング・にほんブログ村へ

色の名前が気になる私、歌詞に出てくる色も気になる。

松田聖子の「瞳はダイヤモンド」。

 

出だしの「映画色の街」は、松本隆作詞あるあるらしい。

「それってどんな色?」と、当時の私は固まった。

頭がそれなので、気になると以降の歌詞は聴こえない。

だが「美しい日々が切れ切れに映る」と続くのだ。

美しい日々の色なのか、それが映えるベースの色なのか。

聴くたびに違う色の街が頭の中に出てくる。

 

雰囲気があるし、響きも美しい。良い造語だ。

けど、わざわざ「映画色」なんだから「セピア色」じゃ無いし、

「モノトーン」でも「銀幕」でも無いはずで・・・・。ほわん、としている。

だが、なんだか、なんとなく伝わってくるものがある、気がする。

 

凄い色を考えついたものだ。松本隆ご本人に聞いてみたい。

モノトーンなのかカラフルなのか。淡いのかビビットなのか。

とはいうものの、聴いた人に「映画色」を塗らせたら、

いろんな色が出てくること間違いないだろう。

「映画色の絵画展」みたいなのを誰かやってくれないだろうか。

 

私の中にある第一候補は「藤城清治の淡い影絵を半透明にした」感じ。

ちなみに「春色の汽車」の方には惹かれなかった。

汽車は季節を問わずマルーン色がいい。赤味のこげ茶。

海に行く各駅停車なら、マルーン一択。

頑固一徹

 

 

今週のお題「わたしの好きな色」