おこもりさんも大海の夢を見る

諦めず、焦らず、時に倒れても海を目指して、ほふく前進する引きこもりの雑記ブログ

感覚過敏は色にも振り回されるのだ

ブログランキング・にほんブログ村へ

色って、人によって見え方も違えば、見える色数も違うらしい。

 

 

例によって感覚過敏の私は、このあたりも面倒臭い人だ。

色数は多く見える方らしく、超絶面倒臭い。

ひどく合わない組み合わせの大きなものが室内にあると、

ヒステリーを起こし、めまいを起こし、吐く。

 

好きな色は「白」。

ただし、白も色々あって、青味の白は苦手。

ダンガリーのシャツの白が概ね好き。

当然、こんなの他人様にはわかってもらえず、寂しい。

唯一、妹だけがわかってくれる。

彼女は私を超える、色にこだわりがある人なので。

 

好きな色、嫌いな色って、多分、生来のものだと思う。

妹はまだ喋れないうちから、ピンクのよだれかけを嫌がった。

頑として拒絶するので、なかなか食事にたどり着けない。

一枚だけ「ひよこ色」のがあったので、それを試しに着けさせたら、

受け入れた。

沢山頂いた、ピンクのよだれかけ、台無し。

 

ピンクが全部ダメで、黄色ならなんでも良いわけじゃない。

そういう訳で、妹の感覚と私の感覚は違うが、

「微妙な色の違いで嫌だ」というのは理解してもらえる。

 

ツレは、色数が少ない上に、感覚過敏から遠い場所にいるので、

家の中に原色や蛍光色が溢れていても気にしないし、

白や黒の色味など、見えないらしい。

黒のスーツの上下が違っていても気づかない。

色味が全然違うのに。

見えない感覚が私にはわからないので、お互い様だけどさ。

 

で、このブログも、まだまだ色が調わない。

こだわったところで、パソコンによって色が違ってしまうけど、

自分が気分悪くないところに持っていきたい。

 

あ、パソコンの画面は「白」ダメっす。

スマホくらいなら良いけど、パソコンで一面、真っ白だと、

目がチカチカします。

これは感覚過敏だけでなく、ドライアイの人や偏頭痛持ちの人も

結構な確率で、苦手だと思う。

 

 

 

今週のお題「わたしの好きな色」