おこもりさんも大海の夢を見る

諦めず、焦らず、時に倒れても海を目指して、ほふく前進する引きこもりの雑記ブログ

子供の遊び場とイヤーマフと

ブログランキング・にほんブログ村へ

忙しくはない。

ただ、時間がない。時間泥棒がうちに住み着いたようだ。

貧乏神だけで沢山なのに。

 

昨日は、完全にノックアウト状態で寝ていた。

路地で小学生と思しき男の子たちが、超絶元気にボール遊びをしていた。

あまりの騒々しさに、私は薬を飲んで布団を被って寝るしかなかったのだ。

 

昨今、ボール遊びをできる場所がない。

近くの公園も、多摩川河川敷の公園も禁止されている。

禁止事項が多すぎる。

公園はもはや子供の遊ぶところではない。

老人がお散歩したり日向ぼっこしたりする場所だ。

放課後、学校の校庭で遊ぶのもNGだとか。

空き地は存在すらしていない。

 

私が子供の頃は公園を走り回り、放課後は校庭で遊び、

空き地でキャッチボールしたり・・・・自由だった。

 

だから、閑静な住宅街の路地で遊ぶ子供たち・・・。

車が出入りする道路じゃないので、危ないわけじゃないし。

我慢するしかないじゃないか。

イヤーマフは長時間していると、耳鳴りがするようになっちゃうので、

あくまでも一時避難。

耳鳴りが始まったら、もう、寝る以外逃げようがない。

 

色々理由はあるだろうが、河川敷の公園や、ある程度の広さがある公園は

遊べるようにしてあげてほしい。

ボールが川にボッチャンしないようにネットをはるとか、

是非是非してあげてほしい。

そうなったら、親は路地で遊ぶのをやめさせてほしい。

反響するのよ。住宅街って。

 

あとね、騒音が気になるお年寄りには、イヤーマフを配布してあげて。

引きこもりにもイヤーマフは有効だと思う。

保育園だって、普段は一日中うるさいわけじゃない。

その間だけ、イヤーマフがあれば、お手軽に騒音を軽減できる。

 

ああ、防音室に住みたい。