おこもりさんも大海の夢を見る

諦めず、焦らず、時に倒れても海を目指して、ほふく前進する引きこもりの雑記ブログ

読書でしょ、読書!

ブログランキング・にほんブログ村へ

f:id:sakuran_blog:20190608224710p:plain

雨の日?

そらもう、読書でしょ。(今はできないが)

元気にダイビング旅行に行っていた頃、必ず本を何冊か持っていった。

雨が降っても、風が吹いても、ダイビングってできないので。

 

持っていくのは、推理小説。文庫本を持って行って、帰りは大抵置いてくる。

友人と二人で行くと、本を交換して、2倍読める。

ホテルに着くと、荷ほどきして、お互いに本のスペースを確保する。

立ててるのは、まだのやつ。積んであるのは読み終わったやつ。

 

本は、冷房のきいた居心地の良い部屋でくつろぎながら読む。

時々、

「そっち、もう誰か死んだ?」

「もう三人死んだよ。まだ死にそう」

などと、本の感想ではなく、作中人物が何人死んだかを言い合う。

お手軽な推理小説ならではの楽しみ方(?)だ。

 

お互いに、持っていく本を確かめ合ったりしないので、

ちょいちょい、読んでしまったものがあったりして、がっかりしたり。

買おうか迷っていた本を相手が持ってきてくれて、喜んだり。

それもまた楽しい。

 

一人で長逗留するときには、三線(沖縄の三味線)も持っていく。

雨の日は練習。本を読み終わってしまったら困るから。

大抵離島に行くため、本屋さんなどない。

何でも屋さん的なところで数冊置いてあることもあるが、

島民のことを考えると、買うのは憚られる。

 

かといって、本を大量に持っていくと荷物が重くなる。

運がいいとホテルに本棚があったりするが、

上巻がなくて、下巻だけあるなんてことがザラにあるし、

整理整頓されていないので、探すのが大変だったりする。

 

ビーチでシュノーケリングの合間に読んだり、

飛行機が遅れたときにも、イライラしない。

本があれば、どこでも自分の部屋になる。

 

 

 

今週のお題「雨の日の楽しみ方」