おこもりさんも大海の夢を見る

諦めず、焦らず、時に倒れても海を目指して、ほふく前進する引きこもりの雑記ブログ

不思議の国のアリス症候群

ブログランキング・にほんブログ村へ

既に症状が無くなってしまっているので「今更」なことだ。

だが、ずっと不思議に思っていたことが、

先ほど録画しておいたテレビ番組にて判明した。

「原因は解明されていない」「治療法もない」って。

ただ「大人になると自然と症状が消える」って。

 

ええ、その通りですとも。

不思議の国のアリス症候群」だってさ。

熱が出ると、天井の柄や、カーテンの柄などが大きくなったり小さくなったり、

部屋も歪んで見えて・・・。

 

初めてなったのは、はっきり覚えている。幼稚園のころ。

両親と私の三人暮らしになり、初めて熱を出した時のことだ。

カーテンのりんごの柄が気持ち悪かった。

あとは、天井は直径5ミリほどの穴がいくつもあるやつだったが、

これが、歪みながら大きくなったり小さくなったり・・・

あるいは近くなったり遠くなったりした。

 

これが原因なのか「集合体恐怖症」になった。

大仏の頭が気持ち悪いとか、マスゲームが生理的にダメとか。

 

また、私は「山姥&お面恐怖症」でもある。

両親が引っ越してきて田舎で一緒に暮らすようになり、

私は悪夢にうなされた。

母親が安達ヶ原の鬼婆のようなものになり、包丁をかざして追いかけてくる。

怖くて怖くて、一緒に寝ていた祖母にしがみついて泣いた。

形相は、般若の面のようだった。ほんと、そっくり。

実際、母は時折そんな顔をしたので、山姥じゃなくて「母親恐怖症」かも。

 

不思議の国のアリス症候群」は、いつの間にか、なりを潜めた。

放っておいても大丈夫らしいが、中には別の病気由来かもしれないので、

怯え方がひどい場合や、心当たりがある時は、病院へ行った方が良いらしい。

 

誰に言ってもわかってもらえなかった「アレ」が自分一人じゃないとわかるのは

大変喜ばしいが、できれば、当時知りたかったな。