おこもりさんも大海の夢を見る

諦めず、焦らず、時に倒れても海を目指して、ほふく前進する引きこもりの雑記ブログ

歯を抜いたら痛くて痛くて

ブログランキング・にほんブログ村へ

f:id:sakuran_blog:20190529152231p:plain

歯が痛い。

正確には、歯を抜くために切開した歯茎が痛い。

昨日歯医者に行き、抜歯してもらった。

もちろん、麻酔で寝ている間に。

 

だから経緯は知らないが、どうやら、曲がって生えていて、

切開しないと抜けなかったようだ。

で、何針か縫ったと。

これ、糸を抜くのが恐怖。

その時は静脈鎮静法してもらえないので。

 

それにしても、ロキソニンはよく効く。

大体、薬がよく効く体質なので、大抵の薬が効く。

だが、プラシーボ効果が効かないタイプなので、

何年間も効かねーなあと思っていた薬が、

後に、効果がない薬だったと発表され、憤慨したことがある。

 

しかし、どうしてこんなに痛いのだろう。

以前、親不知を4本とも抜き、うち一本は三つに分ける必要があり、切開した。

だが、ロキソニンは一度飲んだきりで、あとは薬を飲むほどの痛みじゃなかった。

他の3本については、痛み止め不要で、抜いた後で、会社に帰って仕事したほどだ。

 

胆管炎をやった時には、もう胆嚢が破裂寸前で救急車のお世話になった。

こんなになるまで痛かったでしょうに、と言われたが、

鳩尾の痛みは、胃炎か何かで、背中の痛みは寝違えたんだと思っていた。

これくらいで病院へ行ってなるものか、と我慢していた。

で、応急処置で、麻酔なしでカテーテルを入れられたが、

鳩尾の痛みが半端なく、カテーテルの方はさっぱり何も感じなかった。

 

なのに今、こんなに痛いのは、痛みに弱くなったからだろうか。

それとも切り方が悪かったのか。

上の歯だから痛いのか。

理由を追求するすべはない。気力もない。

 

病院も嫌いなら、薬も嫌いなのだが、仕方がない。

ロキソニンに頼るしかないんだな。