おこもりさんも大海の夢を見る

諦めず、焦らず、時に倒れても海を目指して、ほふく前進する引きこもりの雑記ブログ

音楽系のアイドルってぇと

ブログランキング・にほんブログ村へ

f:id:sakuran_blog:20190526035602p:plain

はてなさん曰く、アイドルの定義は、

元気がないときに力をくれる存在とかいうものらしい。

それだと、私の場合、音楽か食べ物になる。

食べ物ってことはないだろうから、ミュージシャンが妥当だろう。

マジで言うと、薬(処方箋薬ね)になるんだが。

 

聴覚過敏なので、お気に入りの音楽が欠かせない。

しかし、嫌いな音が入っていると受け付けないので、

結果、気に入ったものをヘビロテすることになる。

だから、古いものをいつまでも聴いていたりもするし、

一曲だけ好きってのも多い。

 

そんな中での「徳永英明」。

氏が大病の後、復活して聴いたら力が湧いた。

だってね、脳が半分稼働してないらしく、どうやら歌うのが困難らしい。

それを超えてからの、ってぇと、へそ曲がりな私でも感動する訳で。

元々、声も見た目も好きだった。

が、若い時の細めの声もいいけれど、歳を重ねてからの方が良い。

カバーアルバムはバカスカ売れたようだけれど、

私はオリジナル曲の方が好きなんだなぁ。

元気が出る曲かって言うと、そういう曲調でもないのだけれど。

 

 

で、声で言うと、最高に好きな声は、

「マッキー・フェアリー」になる。とうの昔に亡くなっているし、

知ったのがそもそも、亡くなった後だったし。

カラパナ 」の昔のアルバムでも歌っているけれど、

「マッキー・フェアリー・バンド」というアルバムがたまらん。

これをジャケ買いして、声も曲もドツボだったのだが、

この一枚しか知らん・・・・アイドルじゃないか。

 

おお、「尾崎豊」を入れておかねば。

信者ではない。アイドル的に好きなのだ。各方面から怒られそうだが。

曲を聴いていると、保護欲をそそられる。

「太陽の破片」に関しては、TV出演のときに、たまたま観ていて、

知らない間に涙していた。あれは感動ものだった。

自分より年上だったが、この人大丈夫かなあと、気に掛かった。

 

思い出した。Folder時代の三浦大知がすっごい好きだった。

ジャクソン5のマイケルが好きだったので、

当然のように、ハマった。可愛かったしねぇ。

あ、これが一番アイドルっぽい!

でも今は、どっちかって言うと「スゲーっ!」って方が強い。

あのダンスは、反復横跳びができない私から見ると、人間業と思えないのだ。

 

女性?

そりゃ「中島みゆき」様しかおらん。

 

 

今週のお題「アイドルをつづる」