おこもりさんも大海の夢を見る

諦めず、焦らず、時に倒れても海を目指して、ほふく前進する引きこもりの雑記ブログ

歯科恐怖症には静脈鎮静法

ブログランキング・にほんブログ村へ

f:id:sakuran_blog:20190520044307p:plain

「歯医者恐怖症」ってのがある。私はこれの重症患者。

歯石を取るのさえ、静脈鎮静法でないと無理。

狂乱すること必死。

そうなるには、聞くも涙語るも涙の物語がある。

 

重症化する前に、こんなことがあった。

 

とっても上手な歯医者さんがいると、紹介されて行ったところ、

たまたま若先生が不在で、高齢の先生しかいなかった。

高齢の先生が腕のいい歯医者だと勘違いした私は、そのまま椅子に。

いざ削るとき、ドリルを持つ手が震えているではないか。

当然のことだが、ドリルは私の歯茎と唇に当たり、大出血。

それなのに、爺さんは私を怒鳴りつけた。態度だけは大先生だった。

手が震える歯医者は引退して、二度と現場に出てくるな。

 

年月を遡って、小学生のときのこと。

歯科大学の教授が開業し、インターンの受け入れをしていた。

教授は席を外していて、インターンの男子3人しか治療室にいなかった。

学生の悪ノリだったのか、ストレス発散だったのか、

インターンは「ここ、痛いだろー」と嬉しそうに言いながら、

私の歯をガリガリと器具で引っ掻いた。何度も何度も執拗に。

更に、虫歯の一部を取り除いた後、そのカケラを嗅いで、

「くっセー!」と微笑い、他のインターンにも嗅がせてはしゃぎやがった。

小学生の女の子相手にだ。

 

また、これは二人もの別々の歯科医院の歯医者がそうだったのだが、

麻酔なしで削るとき「痛かったら左手をあげてくださいねー」

私は痛かったので素直に左手をあげた。

「ここは痛くないっ!」

歯医者は怒って、そのまま削り続けた。

ドリルの振動により隣の歯が痛かったと思われる。

とんでもなく、痛かった。

 

また、別の・・・・このくらいで止めておこう。

 

歯医者の様々な不快な音に加え、歯科医不信。

歯医者に行くぐらいなら、自分で引っこ抜く!ってなくらいの恐怖症。

実際、何本かは自分で抜いたし、正露丸を詰めてしのいだりしていた。

 

それが、静脈鎮静法ならば、寝ている間に全てが終わるのだ。

しかも、イヤフォンをして音楽を聞いた状態からの眠り。

注射に関しては練習台になってもいいよってくらいなので、

この治療法は私にとても合っていた。

しかも、私は普段、脳に酸素が不足しているらしく、吸入器で鼻から入れると、

頭がスッキリして、爽快になる。

健康な方々はこんな状態で生活しているのかと思うと、羨ましくて仕方ない。

家にボンベと吸入器が欲しいくらいだ。

 

これは歯科医から聞いた話だが、歯医者の音が嫌だという人が私の他にもいて、

その人は競馬中継を録音した物をずっと聞いているそうだ。

音の途切れ目がないのが良いらしい。

 

歯医者恐怖症の方には、静脈鎮静法、オススメなのだが、

一つだけリスキーなことがある。

それは、色々と喋ってしまうこと。内容は人によって違うようで、

私の場合は、ひたすら食べ物の話をしているらしい。

その話が面白いらしく、担当医にも麻酔スタッフにも笑われている。

私は何も覚えていないが、付き添っているツレは恥ずかしくて仕方がないらしい。

何を口走るかわからない静脈鎮静法。

チャレンジしてみる価値はあると思うけど、ヤバい秘密がないなら。

そこは自己責任で。