おこもりさんも大海の夢を見る

諦めず、焦らず、時に倒れても海を目指して、ほふく前進する引きこもりの雑記ブログ

「フクシマ忌」ってなんなのさ

ブログランキング・にほんブログ村へ

なんじゃそりゃっ!

たった今、ツイッターから知り得た記事。

「フクシマ忌」という単語を見た瞬間に、怒りと涙が溢れ出た。

こんな個人の読者がすっくないブログでも、これは書かなくてはならない。

新聞に投稿するとか、他にも方法はあるだろうが、とりあえずは、ブログ。

 

以下、感情的なので、文章酩酊状態で、論理破綻しているかもしれないが、

今の私が、精一杯怒りを抑えて表現する、正直な気持ち。

勘違いだったり、自分の方がおかしいと納得したら、訂正もしくは削除する。

www.j-cast.com

 

私は歳時記について全く知識がない。広島忌だの長崎忌、関東大震災の震災忌。

そんなものの存在を、知らなかった。当然、使ったこともない。

それらにとって私は地理的にも時代的にも部外者だ。

だから、ここでは「フクシマ忌」についてのみ、書く。

 

私は今、そこにいない。当時もそこにいなかった。

今、当時、そこに暮らす人々にとっての感じ方とは全く違うだろう。

私のアイデンティティは、私が私である基盤は、ギリギリのラインで、

いわゆる30キロ圏内の小さな集落にある。

だから、津波はショックだったが、それ以上にF1の一連の出来事は、

言葉にできないほどの衝撃だった。

 

山は除染されず、先祖代々の井戸水がどうなっているか分からず、

土地も国に大半が買い上げられて、景色もすっかり変わった。

個人的なことではあるが、私にとって、それは親が死ぬよりキツいことだった。

親は生きているが、その親が死ぬまでは、私は故郷に帰れない。禁じられている。

けれど、人生の最後は、あそこへ帰るのだと、自分に言い聞かせ、生きてきた。

ひどいホームシックを長年抱えてきたのに、それが永遠になった。

 

そんな私が「フクシマ忌」なんて言葉を、スルーできようもない。

なんだそれは。

いつの季語なんだ。フクシマって広いんだけど、範囲はどうなっているのだ。

何を持って「忌」とするのか。何に対する「忌」なのか。

その言葉を使う必要性があるシチュエーションが存在するのか。

 

誰も死んでいないとは言わない。確認していないから。

もしも、F1が原因であると確定している死者がいるとして、亡くなった日も

原因となった日もバラバラであろうから「忌」という文字を持ち出すのは、

的確ではないはずだ。

 

ああ、理屈っぽくなっている。

ぶっちゃけて言えば、理論も論理もどうでもいい。

もう、いいや。その季語、使うなら使え。

ただし、覚悟して使え。使わなければならない、避けて通れない事由、

それを使うことが的確である事由を問われた時に、答える用意をして使うことだ。

 

何かを「悼む」心は尊いし、科学的な記録を残す必要もある。

私は、怒りと哀しみと喪失感を、叫ばずにいられないので、詩を書いたし、

今後も書くだろう。

 

「フクシマ忌」にせよ「原発忌」にせよ、俳句で表現する場合、

それは必要な季語なのだろうか。

その季語によって、読み手に何を感じて欲しいのか。

俳句を知らない私には理解できない。

 

私は、今後歳時記に、そんな言葉が掲載される日が来ないことを祈るばかりだ。

もしも、歳時記に掲載された時には、出版社にあれこれ問い合わせようと思う。

 

以上!