おこもりさんも大海の夢を見る

諦めず、焦らず、時に倒れても海を目指して、ほふく前進する引きこもりの雑記ブログ

詩人はみんな痩せているのか

ブログランキング・にほんブログ村へ

f:id:sakuran_blog:20190424171124p:plain

詩の世界に没入していると、食欲が分からなくなる。

食欲センサーがどこかへ行ってしまうのだ。

そんでもって、ちょいちょい食べ忘れる。

腹時計が止まると、時間の感覚が無くなる。

今、何曜日だっけ? 朝だっけ?夕方だっけ?

かなり困る。

一番困っているのは、おやつをスキップされる猫だけど。

 

ほぼ四半世紀、ほぼ拒食症であったので、

精神科医曰く(自分で認識できる人だから)食べたくないなら

無理に食わないで良い、とのこと。

まあ、現在は脂肪をかなり貯蓄しており(100%増量中)、

内科医的には、「痩せろ」ってことなので、これも良い。

 

詩を書き始めてから、一ヶ月経たないのに4キロ減った。

これは怖い。めでたいが、怖い。

リバウンドが・・・キャーーーーーッ!!

 

しかし、小説を書いている時には食欲あるのに、

詩になると、食欲が無くなるのは何故か。

考えた。

 

思うに、

太っている小説家は見たことがあるが(村上龍氏が太ってショックだった)、

太った詩人を私は知らない。

大抵、かなり痩せている気がする。

詩を書くことで、食欲がセーブされ、痩せているのか、

詩人の経済状況により、痩せているのか、

はたまた、感覚を研ぎ澄ませる修行僧状態になるのか。

いやいや実は、太っている詩人が結構いるとか。

 

谷川俊太郎氏の写真はどれもかなり痩せているが、

実際に会うと、太っていたりするのかしらん。

太った御大・・・・・・想像もできない。