おこもりさんも大海の夢を見る

諦めず、焦らず、時に倒れても海を目指して、ほふく前進する引きこもりの雑記ブログ

本当は嫌だったダイビング

ブログランキング・にほんブログ村へ

f:id:sakuran_blog:20190421232914p:plain


 「嫌なことでも挑戦すると違う世界を見つけるかもしれない」

そんなことを学んだのは2000年のことだった。

 

体験ダイビングをしたのは、社員旅行で行ったサイパンでのことだった。

綺麗なお姉さん(先輩社員)に「やりたいから付き合って」

と頼まれて断れず、腹をくくって参加。

 

本当は、サイパンになんて行きたくなかった。

ましてやダイビングなんて本当に嫌だった。

 

まず、日焼けをしたくなかった。

雨も嫌なら、海水に濡れるのも真っ平だった。

何より、パーッと楽しむだけの旅行なんて、はっきり言って、バカにしていた。

自分でも嫌な女だったと思う。

 

だから、会社のお付き合いでもなければ、ビーチなんて一生行かなかったと思う。

当然、ダイビングなんてしなかったと思う。

 

しかし、私は腹を括ったら、猪突猛進な女。目的に向かってまっしぐら。

で、結局、四人で参加した体験ダイビング。

私だけが楽しめたのだった。

 

いやもう、海の中で見る魚の美しいこと!

白い砂にカラフルな熱帯魚に興奮して、鼻血が出そうなほどだった。

取り憑かれたと言っても過言ではない。

 

社員旅行から帰って、早速熱を出し、ぶっ倒れた。

これはいつものことで、体力的に疲れたり、興奮しすぎたり

考えすぎたりすると、いつも38度程度出るのだ。

 

ただ、この時は、あまりにも興奮しすぎたのか、

ついでに十年ぶりくらいで喘息発作を起こし、

抗生剤の点滴をしに病院へ通うこと五日間。

点滴しながら、ダイビング雑誌を読んでいた。

 

私は、バカになっていた。

サイパンの海で、耳から脳みそが流れたと思われる。

社員旅行から帰って一週間後、喘息の発作が収まり、

私はダイビングショップの門を叩いた。

泳げないのに。

 

で、一ヶ月後にはライセンスを取り、総額70万円近い機材を買って、

その二週間後には、慶良間のツアーに参加していた。

その間にジムに通い、少しだが泳げるようにもなった。

 

仕事は鬼のように忙しくて、残業もバリバリし、持ち帰り仕事に、

休日出勤もガンガンやり、栄養ドリンクを飲んで、何とか持っていた状況。

それでも、ダイビングに精を出していたのは、

何か怪しげな力が働いていたとしか思えない。

 

今でも本当は、ダイビングに行きたい。

金がないのと病気で、泣く泣く諦めているのだが。

何なら南の島に移住したいくらいだ。

G太郎とフナムシとカエルがいなきゃね。

私の天敵、虫と両生類、爬虫類が多いんだもの。

 

毎週末に潜れたら、病気なんて吹っ飛んで、

働けるかもしれないのになぁ。

 

とにかく、

2000年の私は、不思議なパワーを発揮していた。

 

 

今週のお題「平成を振り返る」