おこもりさんも大海の夢を見る

諦めず、焦らず、時に倒れても海を目指して、ほふく前進する引きこもりの雑記ブログ

AIが不憫な話

ブログランキング・にほんブログ村へ

f:id:sakuran_blog:20190414163357p:plain

私自身はアナログ人間なのだけれど、

自分にとって便利なものは好きなわけで、

AIを歓迎するかどうかは・・・うーんわからん。

今の所は。

 

でもね、「こいつ使えねー」って言われてるAI。

そんなAIの話をチラホラ目に耳にします。

それってさ、G・I・G・Oじゃね?

ゴミを入れればゴミしか出てこないってやつ。

 

AIさんだって、コンピューターなわけで、

別に食うデータを選り好みしてるわけじゃないと思うの。

だったらさ、データが悪いのではないか。

現実現状世界のデータだけを入れて、

当然理想的な答えなんて出てくる訳が無い。

だって、今って、理想的な世界?

 

足りないデータは、

「こういう世界にしたいんだーっ!」っていう

理想データなんじゃね?

 

例えば採用について人種差別を無くす方向で、

例えば各人種の採用割合はこうだといいなっていう、

希望データを入れなきゃならねえんじゃね?

 

あるいは、法律遵守の関与数値を

部分的にあげるとか。

 

もしくは、一旦みんなが求めている状況を試算させて、

それが理想に近づくまでいろんなデータを放り込み、

結果を元に計算するとか。

 

どれも恣意的なゴミデータになるなぁ。

うーん。 

 

コンピューターって、電子計算機なわけで、

数学で動いているわけで、

倫理観とか理想論とかニュアンスとか

曖昧模糊としたものは計算できないと思うのよねぇ。

 

もし、計算できるとしたら、

それを数値化した誰かがいるってことでしょ。

それもゴミデータ。

 

まあ、機械音痴の考えることなんて、

馬鹿馬鹿しい話ですな。

 

「使えない」って言われたAIが

不憫になっちゃったのです。

理性的でも論理的でもない、気持ちの問題〜。

 

だって私がそのAIだったら、

完璧なものを求めるなら、完璧なもん食わせろ!

って、文句言うと思ったものですから。